おかやま生き生きしあわせネットワーク 生長グループ

代表あいさつ

生きがいの探求、生きがいの創造


生長グループ代表
生長 豊健Toyotake Ikenaga

  • 医学博士
  • 日本内科学会認定内科医
  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本東洋医学会認定漢方専門医
  • 岡山県認知症サポート医

生長グループは、昭和58年に「生長内科(現:あしもりクリニック)」として開設して以来、備中高松・足守地域の皆さまにご支援をいただき、地域の医療機関として成長を続けて参りました。

私は「地域医療とは地域づくり」と考え、開設当初から訪問診療(在宅医療)に取り組み、患者様の生活環境や生活習慣に配慮した診療に努めてきました。その結果、病気の慢性化や複数疾患など、高齢者特有の悩みを解決するには医療と福祉の連携が必要と考え、強い使命を感じて「特別養護老人ホーム」を設立。社会福祉法人義風会を立ち上げました。また、住み慣れた地域で「生きがい」を持ち、長く健康的に豊かな良い時間を過ごしていただきたいという思いから、地域の皆さまの健康増進に努めるとともに、在宅医療・介護施設・病院というシームレスな医療・介護連携、および生活支援を可能にする体制を整えました。

時代とともに医療のあり方は変化し、近年は地域医療連携が重視されています。地域のかかりつけクリニックと、急性期病院、回復期病院が、それぞれの特徴をいかして役割分担し、連携を図っています。当グループは長年の実績から、岡山大学病院や国立病院機構(岡山医療センター)、川崎医科大学附属病院など、周辺の急性期病院と綿密な連携を図り、ご支援・ご指導をいただきながら職員研修等を通じて最新技術の習得と連携強化に努めています。加えて、医師・看護師をはじめ専門スタッフによるチーム医療を実現。グループ内の医療福祉連携室が医療・介護・生活などのお悩み相談に応じ、患者様と家族様が「望まれる生活」の実現に向けて看護・介護支援などのサービスも提供しています。

一方、私は岡山市の認知症サポート医の認定を受け、認知症の方に対するドッグセラピーを研究し、岡山市の施策「オレンジカフェ(認知症カフェ)」にも市内で最初に参加するなど、認知症と認知症患者様のケアに積極的に取り組んでいます。介護スタッフに対しては月1回の勉強会を開き、稲盛和夫氏の著書『生き方』をテキストに心の育成に努めるなど、「生きがいの探求、生きがいの創造」という理念のもと常に学ぶ姿勢を忘れず、日々研鑽に励んでいます。

これからも地域の皆さまの声に耳を傾け、よりよい地域医療と福祉の充実発展に全力を注いで参りますので引き続きご支援をよろしくお願いいたします。

基本理念

生きがいの探求、生きがいの創造

目標

地域の皆さまが住み慣れた地域で少しでも長く、
豊かなよい時間を過ごしていただけるように活動する。

連携協力医療機関

国立病院機構(岡山医療センター)、岡山中央病院、岡山赤十字病院、
心臓病センター榊原病院、岡山協立病院、まび記念病院、済生会吉備病院など